長閑な休日

日常にあったことや感じたこと、思ったことを書いていく日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

働き者 

いやぁー、今日は久々に充実した日でしたねぇ。
(ただ一つを除けばだが・・・それは後に語りましょう)

朝は早く起きれたし、掃除はしたし、
何年かぶりに自分で布団干したし。(全部親任せ)

久々に車をビュンビュン運転できたし、
師匠との買い物?(下見?)はできたし、
原作ハルヒの残りも全部入手したし。

うん、言うことなしだ。

昼のことです。
いきなり、いつもは絶対になるはずのないケータイが
ブブブブ ブブブブ
(このケータイにしてから1度もマナーモードを解除したことがない)

誰だぁ?

そこに表示されていたのはいとこさん。
電話でした。

「もしもし、今何しよる?」
「布団を裏返してた。」
「ハッ?笑」
「いや、まぁそれはいいけど、何か用かい?」
「あぁ、そうそう。今日何か予定ある?」
「あるにはあるけど何さ?」
「いや、ちょっと家に寄ってほしいんだけど。」
「何するんだよ・・・何分くらいかかる?」
「うーん・・・30分くらい。」
「分かった。じゃあ何するか知らんけど、とりあえず寄る。」
「マジで!?」
「うん。で、行く時間はいつでもいいんだよね?」
「うん、それはいつでもいいよ。」
「了解。じゃ今から行くわ。」
「分かったよろしく~。」

さて、どっちがどっちかは想像にお任せするとして、
この時、私は何かもらえるのかなとか甘い妄想を膨らませつつ、
そのいとこのお家へと出向いて行ったのでした。

ま、この考えが甘かったと思い知らされるのに、
10秒とかかりませんでしたけどね。

家に着くなり言われたセリフ。
「ネットが繋がらなくなったんよ。」

・・・はぁ。

何をやってるのかわけもわからんのにやってて、
わけのわからんうちに繋がりました。

「昨日4時間粘ったんやけどなぁー。」とイトコは言いました。

・・・そんだけ粘ったら出来るでしょ?
俺がもの凄い適当にやって、わけのわからんまに繋がったくらいよ?
所要時間45分だったくらいだし。
まぁ、次からはもっと自分で頑張ってもらいましょう。

言うまでもないですが、
ブラウザにやふーが出る気配がした瞬間に、
サンダル履いて家をあとにしました。(出るの確認せずにね)

さっさと行かないと師匠もカンカンだもんね。
(師匠の家行く前に寄った形なんで)


さて、まぁ師匠の家に着いてからのうんぬんエピソードは、
今までの文が長すぎたので、細かいところは省きましょう。
(正直、ここまで書きなぐってしまうとは予想外)

バイク下見が主な活動内容だったんですが、
途中からわけわかんなく(?)なっていろいろ行きました。

で、突発ですが、
師匠はキャップよりハットが似合う。
という結論に達しました。(帽子ね)

今度あれ買います。
誕生日プレゼントです。
誕生日までまだまだ先が長いですが、
それまで時間凍結して、家で保管します。
(実は私の誕生日の方が早くきちゃうオチだったり)


さて、本当に長くなっちゃいましたがこれで最後。
帰りに師匠を家へ送る際、何故かD.C.Ⅱの話題になったんです。
「D.C.Ⅱはサギーみたい出んのかなぁ。」
「出んだろ。てかあれ以上いらんわ。」
「でも、桜の力で動物がお礼に来たっていうのは外せない。」
てな感じの会話だったと思い・・・ます?

で、今度出るとしたらどんな動物か話あったんです。

「小鳥じゃない?」
「ことり!?」
「いや、そのことりじゃなくて・・・」
「そんな一瞬で寿命つきる系は無理だろ。」
「そうだな。じゃあ・・・」
「定番はタヌキとキツネだな。」
「化けて怖いわ。」
「タヌキはドジっぽくて、キツネはしっかり者だ。」
「そういうもんかねぇ・・・あ!うさぎ。」
「おらんだろ。」
「むぅ、やっぱり以外にネコってのはいいとこ突いてたんだな。」

とかいう会話してる間に家についたとさ。
お終い。

・・・

(;・Д・)ア・・・・・
そういやまだD.C.Ⅱしてなかった。
スポンサーサイト
[ 2006/06/03 23:49 ] 日常 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

長閑

Author:長閑


管理人とブログについての
詳しいことはこちらをご覧ください。
<10月18日更新>

カウンター(下は目安程度で)

ストレス解消にどうぞ
ブログランキング

人気ブログランキング
押してやってください
FC2 ブログ★ランキング

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。