長閑な休日

日常にあったことや感じたこと、思ったことを書いていく日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Frieve Audio 

結構な前。
書くと言ってて、そのまま放置してた感のあるプレイヤーのお話です。

今回紹介するソフトは、簡単に言うなら、
PC上でwaveやmp3などを再生する時、少しでも高音質で聴きたい・・・
その願いを実現できるプレイヤーです。
(逆にその分、管理性や利便性は犠牲になっている感じだと思います)

それでは早速紹介しましょう。
まずはベクターで調達してきましょう。

Frieve Audio 1.15
このソフトに関するレビュー

落とせたら、早速インストールしちゃってください。
出来ましたら、まず環境設定です。
このソフトは、環境設定によって、
真価を発揮すると思ってもらっていいと思います。

(注)このプレイヤーは、動作が非常に重いです。
さらに、これ以降にやる設定をするとさらに重くなります。
そのあたりは理解しておいてください。
私が試した環境では(HSC+アップサンプリングMAX)、

デスクPC(CPU:Athlon 64 X2 4800+ 2.40Ghz)で、
CPU使用率、約8~20%。
ノートPC(CPU:Pentium M 2.00GHz)で、
CPU使用率、約50~80%。

こんなところでした。

では、高音質に重要な設定をやっていきましょう。

まず、ソフトを立ち上げてすぐの画面、
お世辞にもデザインがいいとは言えない、
ウインドウの中に、ウインドウがいっぱいある中の、
(音質最優先だからいいんです!)
<コンダクタ>という、ボリュームがあるウインドウです。
そのウインドウの<DSP>内にある、
<HSC>というボタン、これをONにしてください。

画像

このHSCという機能は、圧縮音源、つまりはmp3などですが、
で失われた高域を擬似的に付加する機能です。
次に説明しますが、アップサンプリング後の信号の無い部分に、
高域を付加するという機能でもあります。

これによって何が変わるかと言いますと、
まず間違いなく高音が変わります。
当たり前じゃねーか。と言いたくなるとは思いますが、
例えばシンバルなどの、比較的高音域が入った曲で、
<HSC>ONとOFFとを聴き比べてみてください。
圧縮音源で失われた、
人の耳には聴こえないとされる音域が足されただけで、
ニュアンスは変わってくると思います。

単純に音量などの問題だけではなく、
高音域の鮮明さが増しましたような感じですね。
まぁ、でも事実、これを聴き分けられるレベルの人は、
結構なマニアだと思いますよ、実際。

では次の設定をやっていきましょう。
上のメニューの、
<設定>→<環境の設定>→<リサンプリング()>です。
ここでアップサンプリングの設定が出来ます。
アップサンプリングを簡単に言うと、
データの情報量を増やす・・・って感じでしょうか?

まぁ、実際、私も完璧には説明出来ません。
専門はオーディオで、あくまで、
こちらもそれ方面のおかげで少しばかり知ってる、くらいのレベルです。

とにかく、ここのアップサンプリングの欄にチェックを入れて、
一通り聴いてみて、よかったと思う数値を指定してください。
(聴き比べる場合は、少しずつ数値を上げていってみてくささい。
ちなみに私は常時MAX)
さっきのHSCより変化は大きいと思います。
一番に言えるのは、音の立体感、音場・・・奥行きですね、
が、非常に鮮明になります。
普通にmp3などを聴いている時の、平面の平べったい感じが、
無くなってしまったかのような感じです。

でも、これも言っておきますが、
聴き分けられなくても、別に変な事じゃありません。
逆に、私達が拘りすぎているってだけな感じが、強いです。

あと、付け加えておきますが、
アップサンプリングしても、たいていの場合、出力の限界の関係上、
リサンプリングされて(ほとんど元のデータに戻されて)出力されます。
ですが、不思議と音はよくなってるんですよね。
やっぱりHSCとアップサンプリングによって改善された高音域が、
音質に多大に影響しているんでしょう。
(スーパートゥイーターと足したのに、
低音が改善されたとかいうアレと一緒だと思います)

最後に。
私は説明が下手な部類なので、
説明が解りにくかったりしたりなんだりするかもしれません・・・。
というか、すると思います。
その時は、ヘルプやホームページを参照していただけると助かります。
スポンサーサイト
[ 2006/11/16 23:08 ] ツール | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

長閑

Author:長閑


管理人とブログについての
詳しいことはこちらをご覧ください。
<10月18日更新>

カウンター(下は目安程度で)

ストレス解消にどうぞ
ブログランキング

人気ブログランキング
押してやってください
FC2 ブログ★ランキング

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。