長閑な休日

日常にあったことや感じたこと、思ったことを書いていく日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Fate/stay night 第5話 「魔術師二人」 

Fate/stay night 第5話 「魔術師二人<前編>」 今回画像が多めになったので、ちょっと画像の使い方を変えてみました。

画像が小さくなったり、荒れてたりして
少し見にくくなったかもしれないので、
もし意見がありましたらコメントお願いします。m(_ _)m

※今回は画像が先で文字が後にしましたが、逆の方がいいなという意見などもありましたらどうぞ。
初めての試みなのでうまくいってない部分も多々ありますが、
どうかご容赦ください。
少しずつ慣れると思いますので。m(_ _)m

※画像が小さすぎて見えないところもあったりします。
そこはクリックすると少しはマシになるので試してみてください。
それでもダメと思ったらコメントくださいです。(笑





OP前

□最初は学校での士郎の妄想?から始まります。(笑

今朝の出来事みたいですね。
セイバーに桜が来た時に隠れていて欲しい、と。
そういう事だったようです。




OP後

5 part1


□士郎が学校から帰宅。

セイバーを探していると・・・

部屋で眠っていました。士郎からの魔力供給がないので、戦闘以外は
出来るだけ眠って魔力消費を抑えないといけない。そういう理由です。
ちなみに昨日の夜からずっと眠っていたようです。

てかそんな事以前に・・・

眠ってるセイバーも綺麗だ・・・

眠ってても凛々しい雰囲気を醸し出してますね。
気遣いも素晴らしいですな。(笑



□その後、いつも通りに士郎、桜、藤ねぇで夕食をとる。

その時士郎はセイバーがこの場にいない事を気にする。

てかその時セイバーの食事をとるシーンが出るんですけど、(想像)
この時も凛々しい。いつになったらハラペコキャラが出るんだ?(笑
それに士郎妄想多すぎです。(笑



□気になって仕方ない士郎は、ついにセイバーを呼びに行きます。

セイバーは「士郎、突然なんです?」「待って下さい、正気ですか?」「しかし・・・」とあまり乗り気ではありません。
少し呆れ顔にも見えます。(笑



□そしてセイバーをみんなの所に連れてきた士郎はセイバーを紹介する。

だが、桜も藤ねぇも反応は芳しくない。

もうね、今時の藤ねぇの反応やら顔やらが面白すぎ・・・(笑
大爆笑でした。やっぱり藤ねぇイイネ。
いやぁ最初藤ねぇの声に慣れませんでしたが、
(SHUFFLE!の亜沙先輩の印象が強くて)
今はもう大分慣れた・・・というかコレでいいと思いだしました。(笑

でもこの時のセイバーの目がまたスゴイですね。キッって感じで。
何だかアニメだと原作以上に凛々しい感じが強調されてる感じです。
でもカッコイイからOK(≧∇≦)b



5 part2


□どうしても認められない藤ねぇはセイバーの実力を見ようと勝負を挑む。

 藤ねぇ 「あなたが私より強かったら許してあげますけど、弱かったら帰ってもらうから。いいわね!?」
 セイバー 「構いませんが、それはどういった理屈でしょう?」

セイバー上手だ・・・しかも完全に勝負になってないんです。これが。
てか、藤ねぇって相手に竹刀持たせないほど卑怯者でしたっけ?(笑
これはあんまりでしょ。勝負にすらなってないですよ、普通なら。
まぁ、すぐに竹刀をうばっちゃったセイバーですが、何のカラクリか
イキナリ変なんになっちゃいます。(笑
しかも藤ねぇ背中からまた出してるし・・・

ひっきょー!

てか藤ねぇが悪いんじゃなくて監督とかが悪いのか。
ふむ、原作どうだったかな?もしかして原作もこうだったのか?
ダメだ・・・もう完全に忘れてる。(笑
もう一回くらいやらないとダメかな?(笑

何だかこの時の藤ねぇのセリフ・・・
「それで勝ったと思うなよぉぉぉ~~!!!」が
これまたアビスのリグレットに似てたんですよなぁ。
藤ねぇを演じる時はいろんなのミックスですか?(笑


それともう一つビックリしたというか、おっ!?と思ったというか…

コレなんですけどね。

このCGは・・・


こ、これは!?

明らかに月姫で使われてたCGじゃないですか!!?
志貴がナイフで切る時とかに出てたあれですよ!なつかしいなぁ・・・
(もしFate原作でも使われてたならゴメンなさい!ホントもう一回やらないとな・・・忘れすぎだ。)


この後の藤ねぇの泣き顔とかいろんな表情も最高に笑えました。
もちろんセリフも・・・「変なのに士郎をとられたぁぁぁ~~~!!!」笑



□この勝負で家にいることは認めてもらえた。

ですが、まだ藤ねぇは信用しているわけではないらしく、
同じ部屋は×ということで、女組み3人は一緒に寝ることに。
この時ばかりは藤ねぇも譲りませんでした。
セイバーも譲らなかったのですが、士郎がその場を収めました。

そして士郎が自分の部屋に向かおうとすると、セイバーが。
なぜ自分をみなに紹介したのか疑問に思っていたらしい。



5 part3


□舞台は移って、凛とアーチャー視点に。

二人は夜の冬木を調査していたらしい。
そして、生気を奪っていた根源を凛が破壊する。

最初アーチャーの顔メチャクチャ険しかったというか、怖いというか。
何かすごかったですね。
てか回復早いな!1話でもう出てきてるよ!(アニメだから仕方ないか。
進行が遅れると後々困るでしょうからね、サッサと行かないと。
それとまだ凛ルートへの布石を残しておきたいという狙いがあるのではないかという勝手な推測をしてみます。(笑

この時、凛はもし士郎がまたマスターとしての自覚なく
自分の前に現れたら今度こそ殺すと言い放った。



5 part4



□朝になり士郎邸ではみんなで朝ご飯をとる。

この時、セイバーは箸を使うのが上手と藤ねぇに褒められる。
だが直後、豆腐にかけるのをソースと間違いそうになる。

そして桜が朝練でおにぎりを食べているという話になる。
セイバーの「桜、いつも食べ物を考えているんですか?」の問いに対し、
桜は「そんな事ありません!」と顔を赤らめながらそっぽをむく。
照れ隠しにテレビをつけるとまた新都での事件が流れていた。

この時のセイバーの目がまた何ともカッコイイ!
でも今回こんだけご飯の話になってるのにまだ正体を現さないなぁ、
セイバーは。(しつこい!。笑)

二人が先に学校へ行く時に、藤ねぇが布団を元の部屋に戻しておいてねと言う。セイバーを認めてくれたようだ。そして桜も。
桜は手を振って、じゃあ行ってきます。と士郎邸を後にした。

子の間かかってた曲は原作にかなり近かった気がしたのですが、
これまた気のせいでしょうか?(笑



□後片付けがひと段落して、士郎も学校へ向かおうとする。

士郎は一人でも大丈夫と言うが、セイバーは心配な様子。
私との繋がりが細いから危機が迫った時、士郎の方から私を呼んで欲しい。
という事らしい。最悪の場合、令呪を使ってでも・・・
そして、今は自分の身を守る事を最優先に考えた方がいい。という忠告も。



□家から出て学校へ向かう士郎。

学校の門をくぐろうとすると、甘ったるい奇妙な感覚に襲われる士郎。
何か違和感を感じ取ったらしい。

士郎は探知能力という分野は物凄く長けている。
確か凛よりもそれは上・・・だったはず。(笑

すでにこの時に学校に変化が起こっていたのだった。
現に木の枝に・・・

廊下で凛とすれ違う士郎。サーヴァントを連れてきてない士郎に
完全に呆れてます。(呆れてるっていうかショック受けてる?笑)

昼休み、生徒会室を訪れた士郎は一成と一緒に昼食をとろうとする。
最近の一成は疲れがとれなくて暇さえあれば眠っているそうだ。
この後葛木先生が生徒会室に現れ、美綴と間桐が
欠席しているという事を聞く士郎。

この時、妙に葛木先生が士郎を意識していることからも
もしかしたらバトルする。という可能性も出てきましたね。
(しないと面白くないですしね。笑)



5 part5


□放課後になり家に帰ろうとする士郎。

凛と鉢合わせ、バトル開始。

ココが納得できませんね。何か命の取り合いって感じが薄れてるんですよね。原作どうだったかなぁ?ここまでギャグは入ってなかったと思うけど。
まぁアニメはこうするっていうことで納得しましょう。
現に物凄くおもしろかったですから。(笑
あんな足の痺れとか、スカートがどうのこうのというやり取りとかでの
顔はサイコーにおもしろかった。(笑

最後にまたちょっとだけライダーが出ましたね。(何も喋ってませんが。)
どんな声なのか楽しみです。
次回はライダーとのバトルもあるみたいですし、
待ち遠しいですね。



次回 Fate/stay night 第6話 「魔術師二人<後編>」 に続く。
スポンサーサイト
[ 2006/02/05 15:07 ] アニメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

長閑

Author:長閑


管理人とブログについての
詳しいことはこちらをご覧ください。
<10月18日更新>

カウンター(下は目安程度で)

ストレス解消にどうぞ
ブログランキング

人気ブログランキング
押してやってください
FC2 ブログ★ランキング

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。